つけ髪のお手入れ

このムービーを再生するにはQuickTimeが必要です。

ブラッシングする時のアイデア

足の太ももあたりに合わせてつけ髪を横に寝かす感じで置きます。ブラシの歯が木や金属のものでとくと、髪をやさしくブラッシングすることができます。やってみてください。どうも上から下へとくと傷めやすいようです。

シャンプーの方法

普段のお手入れはタオルの上で霧吹きを吹きかけ汚れを洗い流し、タオルで軽くかきとります。
汗をかいた時などはオシャレ着洗いの洗剤を薄めたものか、ウィッグ専用のシャンプーを水に溶かして静かに押し洗いして十分にすすいだ後にタオルで水気を取り陰干しします。ドライヤーなどの熱風はさけます。

注意事項

ウィッグはストーブ近くや料理(火を使用する)の時の使用はやめましょう。!

copyright 2001-2012 Handmadeha t (yamazaki hitomi)