求められるMRの資質 vol.1

2013.12.13
ネットスタイル 山崎博史

はじめまして、ネットスタイルの山崎博史です。私の本業は、製薬企業さまのマーケティグコンサルティングですが、それ以外にある地区の医師会のアドバイザーやクリニックにおいて院長の研究のお手伝い、若手医師の相談相手などを行っています。そのため、各メーカーのMRさんに接する機会も多々ありますし、製品説明会や研究会でもMRさんにお世話になっております。しかし、元々はプロパー出身でもありますので、医師や看護師などの医療従事者とは違って、製薬企業側の視点でMRさんをいつも見ています。このメールマガジンでは、医療現場におけるMRさんの生の実態を製薬企業出身の立場からご紹介し、今後のMR像を考えていければと思っています。

どの職業でもそうであるように、MRさんにも優秀な人、並の人、どうでもいい人と分けることができます。そして、訪問されている企業30社あまりのMRさんのうち、優秀な人は2、3人、並の人は5、6人、それ以外は問題外と私は見ています。あくまでも感覚的に数えているだけですが、若手の医師と話していると、だいだい同じような感想を持っているようです。

今、これを読まれている貴方の会社のMRさんが上位3社に入っているかは、ご想像にお任せしますが、実は、優秀なMRさんでさえも、かなり緩めに判定しているのが現状で、実のところ、医師の要求に応えられるMRさんは皆無です。その原因はMRさんにあるのか?会社の教育にあるのか?営業戦略にあるのか?次回からこのあたりを私が経験した具体例を挙げて考えていきましょう。

盛岡での在宅医学会での発表
在宅医学会での発表(盛岡)

m e m o

お問い合わせ

医療関係のビジネス、製薬メーカーのマーケティング、講演など承っております。お気軽にお問い合わせ願います、問合せページ

MRに求められる資質 No.7

多くの医師が薬の確認をするときは、南江堂の「今日の治療薬」を見ています。診察室の机の上に置いてあるのでMRさんならご存知です。私もいつも手元に置いて、ことあるごとに確認しています。...続きを読む

MRに求められる資質 No.6

問題は、添付文書で感じた疑問点を投げかけると、90%のMRさんは答えられないということです。答えたとしても、的外れな答えが戻ってきます。よくよく聞いてみると、添付文書を読んでいないことが分かってきます。...続きを読む

MRに求められる資質 No.5

製品説明会の流れは各社ほぼ同じようなパターンのようです。自己紹介から始まり、製品の特徴、プラセボとの各種比較、副作用、薬価。途中で、取ってつけたような質問。「先生の所ではこのような患者さまはおられるでしょうか?」...続きを読む

MRに求められる資質 No.4

私は順天堂大学の齊藤光江教授と、ある研究会でご一緒させていただいています。今月も福島へ研究会絡みで出かけました。その帰りにMRについて聞いてみたところ、次のように仰いました。...続きを読む

MRに求められる資質 No.3

最近は、どのメーカーさんも医師データを活用して重要な医師にピンポイントで面談するようになっています。それゆえ、どうしても重要なクリニックにはMRさんが集中する傾向があります。...続きを読む

MRに求められる資質 No.2

まず、社会人として成熟していないMRがいるということです。このようなMRはそのまま年数を重ねていくと、単に横柄なMRになっていく傾向があるようです。医師へのディテーリングはソツなくこなすようになっていくのですが、医師以外のスタッフには概して評判が悪いようです。...続きを読む

MRに求められる資質 No.1

MRさんにも優秀な人、並の人、どうでもいい人と分けることができます。そして、訪問されている企業30社あまりのMRさんのうち、優秀な人は2、3人、並の人は5、6人、それ以外は問題外と私は見ています。...続きを読む