求められるMRの資質 vol.2

2014.01.31
ネットスタイル 山崎博史

まず、社会人として成熟していないMRがいるということです。このようなMRはそのまま年数を重ねていくと、単に横柄なMRになっていく傾向があるようです。医師へのディテーリングはソツなくこなすようになっていくのですが、医師以外のスタッフには概して評判が悪いようです。どんなに親しくなっても礼節を弁えることができるかどうかは、大変重要なポイントです。

ひとつ私が目撃した事例をご紹介しましょう。ある医院の玄関は狭く、ひとりの患者さんが通るのにギリギリの幅です。しかもガラスの重たい扉です。健常者が扉を開けて出入りするにはそれほど難しいことはないのですが、高齢者が通り抜けるには、少々時間がかかります。杖をつく高齢者の場合は2、30秒ほどかかります。扉を開ける、もう一度扉を開ける、そして靴を脱ぐ、スリッパを履く、靴を靴棚に入れる、待合室に入る。そのような状況です。このような場合、我々は高齢者の患者さんが無事出入りできた後に出入りするのが通例です。

しかし私が受付から目撃したのは、高齢者の押しのけて入って来たMRです。彼の目的は医師への面談のみで、それ以外は障害物であるようです。この事例は2つの重要なことを教えてくれています。まず、人間として弱い立場の人を守るという基本的な考え方が欠如しているという点、もう一つは製薬メーカーとしての社会的責任(患者を助けるという責任)が欠如しているという点です。

おそらく、導入研修時にこのような基本的な事柄は教えられているはずですが、1人で行動していくうちに、忘れ去られているのではないでしょうか?先ほども申しましたが、後々尾を引いてしまう大変重要なポイントなのです。次回も引き続き事例をご紹介しながら考えていきましょう。

横須賀市の他職種合同研修会
横須賀市の他職種合同研修会

m e m o

お問い合わせ

医療関係のビジネス、製薬メーカーのマーケティング、講演など承っております。お気軽にお問い合わせ願います、問合せページ

MRに求められる資質 No.7

多くの医師が薬の確認をするときは、南江堂の「今日の治療薬」を見ています。診察室の机の上に置いてあるのでMRさんならご存知です。私もいつも手元に置いて、ことあるごとに確認しています。...続きを読む

MRに求められる資質 No.6

問題は、添付文書で感じた疑問点を投げかけると、90%のMRさんは答えられないということです。答えたとしても、的外れな答えが戻ってきます。よくよく聞いてみると、添付文書を読んでいないことが分かってきます。...続きを読む

MRに求められる資質 No.5

製品説明会の流れは各社ほぼ同じようなパターンのようです。自己紹介から始まり、製品の特徴、プラセボとの各種比較、副作用、薬価。途中で、取ってつけたような質問。「先生の所ではこのような患者さまはおられるでしょうか?」...続きを読む

MRに求められる資質 No.4

私は順天堂大学の齊藤光江教授と、ある研究会でご一緒させていただいています。今月も福島へ研究会絡みで出かけました。その帰りにMRについて聞いてみたところ、次のように仰いました。...続きを読む

MRに求められる資質 No.3

最近は、どのメーカーさんも医師データを活用して重要な医師にピンポイントで面談するようになっています。それゆえ、どうしても重要なクリニックにはMRさんが集中する傾向があります。...続きを読む

MRに求められる資質 No.2

まず、社会人として成熟していないMRがいるということです。このようなMRはそのまま年数を重ねていくと、単に横柄なMRになっていく傾向があるようです。医師へのディテーリングはソツなくこなすようになっていくのですが、医師以外のスタッフには概して評判が悪いようです。...続きを読む

MRに求められる資質 No.1

MRさんにも優秀な人、並の人、どうでもいい人と分けることができます。そして、訪問されている企業30社あまりのMRさんのうち、優秀な人は2、3人、並の人は5、6人、それ以外は問題外と私は見ています。...続きを読む