求められるMRの資質 vol.3

2017.05.01
ネットスタイル 山崎博史

 最近は、どのメーカーさんも医師データを活用して重要な医師にピンポイントで面談するようになっています。それゆえ、どうしても重要なクリニックにはMRさんが集中する傾向があります。診察終了後、待合室はMRさんだらけになっています。彼らを観察しているといろいろ分かります。静かに社名を呼ばれるのを待つのが普通ですが、どうしても時間がかかってしまうので、足を組んでしまう人もでてきます。さらに、ノートパソコンを開けて、なにやら内職をする人も出てきます。待つことも仕事のひとつです。待っている間でも、面談時のシミュレーションは頭の中でできるはずです。

 さて、午前の診療も終わって、私は院長と談笑をしています。それから、MRさんを呼びます。1人のMRさんが部屋に入ってきますが、MRさんは黙っています。院長が「今日はなに?」と聞くと、講演会のパンフレットを差し出します。最近の傾向か?自分から話を持ちかける能力が不足している人が多いように感じます。こちらから話しかけると、会話に入っていけるのですが、自分からは話が切り出せないようです。このMRさんは、人見知りだと本人も認めていますが、訪問されるMRさんの半分は、人見知り傾向があるようです。

 前回の話に出て来た図々しい人も困りますが、人見知りも困ります。このあたりのコミュニケーション能力を各メーカーさまはどうされているのか?長い時間待合室で待って、やっと面談できた貴重な時間ですから、もう少し密な会話ができるようになってほしいものです。

診診連携の勉強会
横須賀市の診診連携の勉強会

m e m o

お問い合わせ

医療関係のビジネス、製薬メーカーのマーケティング、講演など承っております。お気軽にお問い合わせ願います、問合せページ

MRに求められる資質 No.7

多くの医師が薬の確認をするときは、南江堂の「今日の治療薬」を見ています。診察室の机の上に置いてあるのでMRさんならご存知です。私もいつも手元に置いて、ことあるごとに確認しています。...続きを読む

MRに求められる資質 No.6

問題は、添付文書で感じた疑問点を投げかけると、90%のMRさんは答えられないということです。答えたとしても、的外れな答えが戻ってきます。よくよく聞いてみると、添付文書を読んでいないことが分かってきます。...続きを読む

MRに求められる資質 No.5

製品説明会の流れは各社ほぼ同じようなパターンのようです。自己紹介から始まり、製品の特徴、プラセボとの各種比較、副作用、薬価。途中で、取ってつけたような質問。「先生の所ではこのような患者さまはおられるでしょうか?」...続きを読む

MRに求められる資質 No.4

私は順天堂大学の齊藤光江教授と、ある研究会でご一緒させていただいています。今月も福島へ研究会絡みで出かけました。その帰りにMRについて聞いてみたところ、次のように仰いました。...続きを読む

MRに求められる資質 No.3

最近は、どのメーカーさんも医師データを活用して重要な医師にピンポイントで面談するようになっています。それゆえ、どうしても重要なクリニックにはMRさんが集中する傾向があります。...続きを読む

MRに求められる資質 No.2

まず、社会人として成熟していないMRがいるということです。このようなMRはそのまま年数を重ねていくと、単に横柄なMRになっていく傾向があるようです。医師へのディテーリングはソツなくこなすようになっていくのですが、医師以外のスタッフには概して評判が悪いようです。...続きを読む

MRに求められる資質 No.1

MRさんにも優秀な人、並の人、どうでもいい人と分けることができます。そして、訪問されている企業30社あまりのMRさんのうち、優秀な人は2、3人、並の人は5、6人、それ以外は問題外と私は見ています。...続きを読む