製薬メーカー早期退職について

2018.05.12
ネットスタイル 山崎博史

 製薬メーカー早期退職について クリニックへ訪問してくるMRを見るとダブっているなぁ、と感じます。そしてこのMRの大量採用のツケが回って来ています。既にMR頼りの時代は終わっており、ダブった人材が間接部門へ振り分けられます、しかし必要最低限の間接部門人員は十分あるところへ、不必要な間接部門人員が増えてしまいました。

困ったことに、医師とのやりとりしかしてこなかった人にはそれ以外の仕事の知識やノウハウを持ち合わせていない、結局のところお荷物になってしまうのです。そこで早期退職を促す結果になっていると感じます。

大手製薬メーカーに行くと、部署名からして何をしている部署か皆目分からない人が大勢います。彼らの多くがMR出身なので、目先のことを考えがちで、本来なら中長期的に考えなければならないのにこれができない。こうなると経営陣が考える経営戦略と相当な乖離が生まれてきます。今、多くの製薬メーカーが陥っている問題です。

もし、あなたがMRなら、潰しの効く知識の習得と物事を大きく捉える能力を鍛える必要があるでしょう。一方、採用する側から見れば、現場を経験したMRは貴重な人材ではありますが、これに加えて、上記の経営的センスを持ち合わせているかが重要なポイントです。 また、MRを今後も続けていきたいと思っている人なら、論文を読みこなせる能力が必要です。それには英語と統計学です。最低限、abstractを斜め読みできる必要があります。

金融業でさえもその牙城を他のプレイヤーに脅かされて来ています。経営者はこの先の生き残りのための人材が欲しいのです。色々ありますが、長くなるのでこの辺りで。

1週間前に製薬メーカーの早期退職について書きましたが、閲覧回数が2,000回に達してきました。今日は、補足です。

今、2,000人以上MRが在籍しているメーカーは7社ほどです。これからのMRの役割から考えると、これらの企業は最低500人は減らしても大丈夫だと感じます。500人減らしても売上に影響はないと思います。さらにMR一人当たりの総人件費(給与、社会保障費等、営業車、営業所固定費)を1500万円として500人削減すると年間75億円削減の効果があります。(とてもザックリですが)この75億円を開発に回すことによって新薬を他社より早く製造承認に持って行くことができますし、ベンチャーのM&Aも可能でしょう。さらに前回書いたように内勤業務に移った元MRも退職すれば、75億円を上回る上に、社内での決断スピードも上がります。

このように、ITによる業務効率化、研究開発のスピードアップ、マーケティングの多チャンネル化など、製薬メーカーはまさにdisruptionの局面に来ています。

m e m o

シリーズ一覧

MRに求められる資質 No.7

多くの医師が薬の確認をするときは、南江堂の「今日の治療薬」を見ています。診察室の机の上に置いてあるのでMRさんならご存知です。私もいつも手元に置いて、ことあるごとに確認しています。...続きを読む

MRに求められる資質 No.6

問題は、添付文書で感じた疑問点を投げかけると、90%のMRさんは答えられないということです。答えたとしても、的外れな答えが戻ってきます。よくよく聞いてみると、添付文書を読んでいないことが分かってきます。...続きを読む

MRに求められる資質 No.5

製品説明会の流れは各社ほぼ同じようなパターンのようです。自己紹介から始まり、製品の特徴、プラセボとの各種比較、副作用、薬価。途中で、取ってつけたような質問。「先生の所ではこのような患者さまはおられるでしょうか?」...続きを読む

MRに求められる資質 No.4

私は順天堂大学の齊藤光江教授と、ある研究会でご一緒させていただいています。今月も福島へ研究会絡みで出かけました。その帰りにMRについて聞いてみたところ、次のように仰いました。...続きを読む

MRに求められる資質 No.3

最近は、どのメーカーさんも医師データを活用して重要な医師にピンポイントで面談するようになっています。それゆえ、どうしても重要なクリニックにはMRさんが集中する傾向があります。...続きを読む

MRに求められる資質 No.2

まず、社会人として成熟していないMRがいるということです。このようなMRはそのまま年数を重ねていくと、単に横柄なMRになっていく傾向があるようです。医師へのディテーリングはソツなくこなすようになっていくのですが、医師以外のスタッフには概して評判が悪いようです。...続きを読む

MRに求められる資質 No.1

MRさんにも優秀な人、並の人、どうでもいい人と分けることができます。そして、訪問されている企業30社あまりのMRさんのうち、優秀な人は2、3人、並の人は5、6人、それ以外は問題外と私は見ています。...続きを読む